Amazon.co.jp アソシエイト

ペットロス

敬省略
印クリックで本のイメージが見れます
タイトル 作家 【出版社】・発行年・【価格】・内容紹介
※価格は税込と税別価格のものがあります
天使になったペットたち(猫編) 大和書房 【大和書房】2003年【¥1200】
泣ける一冊。ちなみに(犬編)もあります
黄昏の猫たち サマンサ・ムーニー 【めるくまーる】1997年【¥1400】
実在するアメリカの獣医院の腫瘍科で働く彼女が日々接する飼主と患者である猫達との日常を綴ったエッセイ。天使になる子が多い腫瘍科。ペットロスというか、哀しみの受け止め方みたいな事にもふれていて読みごたえがある素敵な本です。原題の「snowflake in my hand」も凄く好き
孤高の子猫 今は亡き「みいしゃ」に捧げる 永塚ちろ 【文芸社】 2001年【¥800】
愛猫みいしゃとの出会いと別れを7つの章で綴ったエッセイ
ペットロスの真実 瀬戸環 【毎日新聞社】1999年【¥1500】
大切な家族であるペットを失った人達の証言を交えペットロスを紹介した本
ペットロスから立ち直るとき 愛犬レイアがくれた無償の愛 カタリナ房子 【ハート出版】2002年 【¥1500】
「悲しいことを悲しむのは少しも恥ずかしいことではない。この本が何か一つ役に立てたらと...」
ペットたちは死後も生きている
【日本教文社・2002年・¥952】
ハロルド・シャープ 動物たちにも「死後の世界」がある。愛するペットを失った人たちに贈る癒しの本
ペットは死後も生きている スピリチュアズムが明かす動物愛
【ハート出版・1993年・¥1553】
シルビア・バーバネル
ファナという名の猫 横森理香 【文藝出版】1999年【¥1429】
12年一緒に過ごしたペルシャのファナを亡くした悲しみから立ち直ろうと書かれた本
ペット大往生 ペット大往生委員会 【ダイヤモンド社】1997年【¥1200】
ペットが亡くなった時にしてあげられる事をテーマに病気や、各地方自治体の比較、葬儀の方法やペットロスについて書かれてます
ミ-のいない朝 稲葉真弓 【河出書房新社】2001年
深い愛が生まれるのは、何も人と人との間に限らない。ミ-と暮らした20年間の豊かさ、楽しさ、幸福の数々。ミ-との絆を描くエッセイ
ペットロス18物語 佐藤道子 【ネスコ】1999年【¥1500】
生前の動物との暮らしと別離後の心の整理の過程を語った18の物語
全国ペット霊園ガイド 吉田悦子 【MOKU出版】1999年【¥1500】
ペットとの別れや霊園の事まで詳し紹介されています
猫への手紙・天国にいる、キミへ 猫っこ倶楽部編集部 【あおば出版】1999年
公募で選ばれた『愛猫へ捧げる手紙』63作品



SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー