ぶるぅたす

2002年4月27日

ぶるぅたす

h〜ん、写真映りが悪いなぁ
デジカメ持ってない頃の写真だからなぁ
実物はもっと綺麗で可愛いぢょ!

2002年4月22日。ぴ〜なっちより長い付き合いのセキセイインコの
ぶるぅたすが天国へいった。何年生きてるかわからない程の長生きで
天寿をまっとうしまくっての大往生だ。
3年前に天国へいったぶるぅたすの兄弟じぎ〜と揃っての御長寿で、後悔なく送れた。老齢になってからは、過ごしにくい冬や夏が来る度、今年は大丈夫かなって思った。天使になる前の週くらいから肩で息をする感じでしんどそうだった。ご飯は食べてたけど、寿命を意識しながら毎日を過した。体を膨らませてたので、小さめのカゴに引越すことにした。体を膨らますのは弱ってる証拠。自然界でそんな姿をみせようものなら即、敵に襲われるのでそんな姿を見せるのはよほどしんどい時なのだ。新しいカゴでは、先生に指示を受けた通り、止まり木を高くしないで、床に置いてた。よく今まで止まり木に止まる力があったなぁと感心した。22日当日は、ヨタヨタしてばたつかせた羽もたためない程だった。いよいよだと思って部屋のコタツの中にカゴごと置いて様子をみてた。もちろん、なちは近付けないようにした。しばらくしてバサッと翼の音がして、見るとぶるぅたすはもう2度と動くことはなかった。ポカポカしたコタツの中でぶるぅたすもポカポカだった。じぎ〜とぴ〜ちにぶるぅたすの事をお願いし、なちとも御挨拶。興味深気に匂いを嗅いでいた

じぎ〜が天国へいった時は、ぴ〜なっちがじぎ〜のカゴのそば(ガラス戸越し)にじっと並んで座って、二人してあたしの顔をチラチラ見てた。不思議に思ってじぎ〜の様子をみたら、もう最期の時を迎えてて、あたしの手のひらの中で送れたっていう事があった。あの時のぴ〜なっちの挙動不振?がなかったら、冷たくなったじぎ〜を抱く事になってたんよね。ぴ〜なっちが教えてくれたんだと思った。
今回は、ぶるぅたすの居る方をきっちり手を揃えて座ってじっと見てたっけ

+++ぶるぅたすはこんな奴だ!!+++

ぶるぅたす ♂ 多分13,4才かそれ以上

好物は菜っ葉と塩土(ミネラル補強用の硬いかたまり)
カルシウム補強用のボレ-粉は嫌い
食事は殻つき。殻なしより栄養分が高いのでよく食べた。
ぶるぅたすはインコ語でよく喋る。
独りぼっちになってもよく喋る。
調子にのってると、ず〜と喋る。
ピョロピョロ、チュチュ、ギッギッ、聞いてるとまるで
「一人ぼけ&つっこみ」をしてるみたいで笑える。

幼鳥の頃に兄弟のじぎ〜と一緒に父が友人からもらってきてくれた。
犬や猫より手軽に飼える鳥は文鳥、インコ、十姉妹、キンカチョウ、
スズメなど色々飼いました。(スズメって飼っていいのか?)
ぶるぅたす(じぎ〜も)は私の手で遊ぶのが大好き。
相棒のじぎ〜が先に天国へ行き、何となく寂しそうだったけど、
相変わらずよく食べ、よく喋ってた。
夜はプラスチック製のブランコに乗っておやすみ。"お気に"のブランコが壊れて、木製の上等もんに変えたら乗らなくなったね(^-^;A


インコで10年以上も生きてるので珍しがられたっけ。
そりゃぁ大事に育てて可愛がってたもんね♪

現在、我が家歴代No.1の長生き。記録更新頑張ってたけど、
2002年4月22日、夜9時過ぎに旅立った。。。
じぎ〜の旅立ちが1999年4月16日だから命日が近くて驚いた。
まだ、ぴ〜ちの涙も乾いてないのに・・・。
また涙が大量生産されちゃったぢゃないか(○`ε´○)
こんなに生きてくれて悔い無し!!
だけど、やっぱり哀しいや(T.T)ウルウル...

翌日早く起きて、実家の庭に眠るじぎ〜の側に埋葬した。
羽がふわふわで、ボリュームもあって長老とは思えない綺麗さ!

ぶるぅたすのカゴを片付けた。
10年以上あったカゴが無くなると玄関が
「こんなに広かったっけ」
としみじみした

ぶるぅたす、いっぱいいっぱいありがとう!!!

BACK  TOP  NEXT

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー