次なる決断

2001年10月30日(火)

最近毎晩、ぴ〜ちはカラーつけたまんま、グイングインと
布団の中にもぐってくるので、あたしは立て膝体勢でぴ〜ちを迎える。
この体勢は寝るには結構きついっす。
10分位したら出て行くけど、、、自発的に出てってくれてちょりっとホッ。
やっと普通の体勢で寝れるから、、、
かと言って自分からは追いだせない下僕のサガなのだった・・・。
このカラーは傷を舐めないようにする為には必要不可欠な存在だけど、
猫にゃんにとってはストレスになる。思うように動けず、
カラーの端でうんちをすくったり、
吐いた時には、ゲロがくっついたりもする。

前ページでも触れてるけど
今の一番の悩みはしっぽの切断について・・・。
シッポの先の腫れは相変わらずで、少し根元に近付いてきてるようだ。
座ったり、伏せの状態の時に、床につくから痛いみたいで、
牛がしっぽで虫を追うみたいにぴこぴこ振ってる。

今一番痛いところがシッポ。
肺への転移は時間の問題と考えた方がいいと言われてる。
転移するまで、2.3ヶ月ぢゃなくて、転移してから2.3ヶ月って見解やけど、
運が良ければもっと長く生きれる訳で
その間、ストレスの固まりであるカラーをしっぱなしよりは、
手術とその後の数回の通院をする事になるけど、
一番の痛みを取り除いてせめてカラーから解放してあげたいとも思う。
シッポを切ったらもちろん、当分は座ったりでけへんけど、
傷は舐められへん位置になるので、カラーはしなくてよくなるだろう。

シッポ切ったからって転移を防いだりでけへんし、他の場所がすぐ腫れてくるかも
しれんし、するだけ無駄って結果が出るかもしれない。

それに、手術で数万使うなら免疫力アップの注射の量増やしたりって事を
考えた方がいいのかもしれない。

どんなに考えても結論が出ないけど、7:3で切る考えがリードしてた。
決断を出すなら、時間が早ければ早い程、良い。
腫れは進行してるから・・・。

・・・そんな訳でしっぽ切断に考えが傾いていた・・・

が、

夜、ぴ〜ちを撫でり撫でりしてる時に、左のアゴにしこりを発見した。
風邪とかひいた時に先生が首に手をあててリンパ腺の腫れを
チェックするあの場所。
右側にはなくて、左だけコリコリしたのがある。
触っても痛がる気配はないし、わりと元気にしてるけど。。。
リンパが腫れてきたのかなぁ・・・ごっつい不安。。。

明日、先生に話しだけ聞きに行ってこようかと思う。
連れていっても「リンパの腫れを確認」に行くだけなら、連れてくだけぴ〜ちの
負担になるし。もちろん、話次第では連れてくけど、、、
このしこりがいい事を意味するとは思わない。
もしリンパの腫れなら展開も少し変わり、シッポは切らないかもしれない。
ちなみになちにはコリコリは無いでしゅ。。。(=´エ`=)ノ

なんて風に今日は切る考えがまとまりかけたと思ったら、
すぐ後には考えが揺らぐ。
目に見えない体の中で何がどんな風に起こってるんやろ。
恐いよぉ〜\(>◇<)/

昨日、友達と電話で話した。その子は猫ジャンキーぢゃなくて、
犬が好きでぴ〜なっちと同い年(10才)のマルチーズと暮らしてます。
ぴ〜ちの事を話してる内「安楽死」の話になった。
そのマルチーズも数年前貧血で生死の境を彷徨い、「安楽死」を考えたらしい。
ぴ〜ちが苦しむならそういう事も考えてあげやって言われたけど...
嫌な言葉だにゃ〜。


今は、あたし自身ご飯も喰って、眠る事もできてる(しかも仕事中も!)けど、
肉体的より、精神的に強くならないとだめだにゃ。。。

居眠りぴ〜ち

うっとぉしいカラーを外してお眠り

10月31日(水)

夕べ、一緒に布団で眠るぴ〜ちがカラーをずっと舐めてた。
患部を舐めたいのだけど、届かないので患部を舐めてるつもりで
カラーを舐めてしまうのだ。
真夜中にザリザリという音が響く
『ぴ〜ち、そんなに痛いんやったら切るぅ?』っと聞いてみた。
もちろん『うん』とも『いや』とも返事はないけど。
そんな訳でぴ〜ちが痛みを忘れるよう撫でり撫でりし続けた。
ザリザリという音がやみ、今度はゴロゴロという声が響く。
時間が流れ、その声も消え、ぴ〜ちが眠りについた頃、自分も眠りについた。
朝、恐ろしく眠かった〜( ̄□ ̄;)

で、仕事さぼった・・・。
「有給残ってるし、仕事も暇やし、いいや。」って。
一日中、ぴ〜なっちと居たかった。今一番わかりやすく頑張れるのは
仕事なのにネ。でも今日だけ!
明日からはまた頑張って仕事に励むぞっ┗( ^O^)┛
病院へ行く足が重く、このリポートを書いてる時点ではまだ行ってない

BACKTOP NEXT

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー