ぴ〜ち その日の朝

2001年12月3日(月)

朝、目覚めるとぴ〜ちが、コタツの外に出ていた。
「おはよう、ぴ〜ち」と声をかけると、ほとんど喋る事のなかったぴ〜ちが
いつものハスキーボイスで「ひゃ〜」と応えてくれた!
なんか表情も穏やかで良くなったのかと思ってぴ〜ちの体を調べた。
でもやっぱり歯茎は白っぽいし、立たせるとしんどそうだった。
今日は、決算で仕事を休みにくかったのと、
自宅で看るには、状態が深刻な感じがしたので、病院で看ててもらう事にした。
そして、これから本格的になるであろうぴ〜ちの看病の為に
仕事を休職(ダメなら退職だ)の相談をする必要もあったので
出勤することにした。
体重は変わらず5.7キロ。ぴ〜ちは診察台の上で久々に大きな声で
抵抗の雄叫びをあげた。

前回の血液検査の結果、やはり貧血があり、腫れていた腎臓の影響で
腎機能の数値もはねあがっていた。
赤血球を作れないので、兄弟であるなちからの輸血や、
強制的に食事を体に入れる為のチューブを付ける事など
残された方法を説明された。
どれも「治療」ではなく、「延命」の為の処置だった。
なちからの輸血にしても一時しのぎで、
その血が足りなければ、ヨソから猫ちゃんを集めて来て・・・っと
話す先生の言葉がぐっと詰まった。先生の顔は見れなかったけど
先生も辛いんだ。心で泣いてくれている・・・。
それが伝わってきて、こらえてた涙が溢れだし、初めて病院で泣いてしまった。
とにかく今すぐ出来ることをお願いして9時半頃、病院でぴ〜ちと別れた。

出勤して間もなく、携帯が鳴った。
血液検査の結果、予想外に悪いので、予定外の治療をするという
内容だった。連絡を受けてからは仕事どころぢゃなく、
もう帰らせてもらおうと思ってたその時、
また電話が鳴った。
病院からだとわかり、「予感」がした。
再び、受けた報告はぴ〜ちの最期を知らせるものだった。

先生はとてもゆっくり話し、あたしはその場で泣き崩れた。
そしてすぐぴ〜ちを迎えに行った。
道中も涙が止まらず、しゃくりあげて泣いていた。

病院へ着くと、ぴ〜ちは白い綺麗な箱に入っていた。
腕に留置のテーピングされてたけど、温かくて、眠ってるようだった。
一度、嘔吐があったけど、最期は苦しまずに保温ボックスの中で
旅立ったそうだ。

10年以上もぴ〜ちを診てくれた先生は
「長いつきあいだったなぁ、ぴーたん。よく頑張った!」っと
ぴ〜ちの頭を撫で回しぴ〜ちに別れを言った。

2日からぴ〜ちの具合が急に悪化し、
看病の為に仕事を休職するつもりでいた。
会社にその報告をする前に旅立つなんて、、、
これ以上心配かけたくなかったから、ぴ〜ちは少し早く天国へ
行ったんだよ・・・っと友達に言われた。
なんて親孝行な奴なんだ!
っと思ったけど、こんなに哀しませるなんてやっぱり親不孝だぞ!

家に着いて、ハゲのお尻が寒くないように貰ったブランケットでくるみ、
ずっとずっとず〜っとぴ〜ちを抱いていた。
なちもぴ〜ちを舐めて挨拶をしていた。

最期の挨拶


チャームポイントの青い寄り目はもう開かない。
ハスキーボイスももう聴こえない。
走ると揺れるお腹の肉も、ご飯を食べる時のはぐはぐって声も、
ハスキーボイスより大きなゴロゴロも、
ジャンプに失敗してずっこける瞬間ももう想い出になってしまうのか。

9月24日に、足の異常が見つかり、病理検査の為の肉球切除手術、
2回目のシッポと右足切断手術。
沢山の注射と、薬。通院の恐怖と腫瘍の痛み。カラーを付けた不自由な生活。
我が子ながら、ぴ〜ちは本当に本当に頑張った。
支えるつもりが、いつも支えられてた。

病院で送ってしまったのは、ただ一つの心残りと言えるのかも知れないが、
あの時、あぁすれば・・・っという自責の念はない。
長寿のインコのじぎ〜を送った時もそう感じたけど、
いつだってめいっぱい愛した事で、悔いがないからだろう。

溢れる愛と、想い出をくれたぴ〜ちにどんなに感謝しても
おいつかない。感謝の気持ちとお礼を何度も何度も何度も伝えた。

心配し、励ましてくれた人達にも報告しなきゃと思いつつ、
溢れる涙で目の前がにじみ、字が見えなくてキーが打てなかった。

哀しくて哀しくて仕方ないけど、
ちゃんとぴ〜ちを天国へ送る準備をしてあげなきゃ☆
涙と鼻水をたらしながら・・・
痩せてもまだ大きなぴ〜ちが苦しくないように、CDラジカセの箱を
改造して、花の包装紙を貼り、ブランケットを敷いて、
これでどう?っとぴ〜ちに聞いてみたりして。

まるでいつもの昼寝をしてるみたいなぴ〜ち。
今にもアンモニャイト姿にとぐろを巻いて、
大きなゴロゴロが聴こえてきそう。
ずいぶん時間が過ぎ、温かくてぐんにゃりしてたぴ〜ちも
冷たく、かたくなってきた。

やっぱり、死んでしもたんか・・・

夜、ぴ〜ちに会いに妹や知人が来てくれた。
ガンとは思えない穏やかで、綺麗なぴ〜ちに驚いてた。
実際、ぴ〜ちは凄く毛艶も良く、つるつるした触り心地で
本当にガンで苦しんだとは思えない程だった。
そして優しく撫でながら、ぴ〜ちの冥福を祈ってくれた。
遠くて来れない人達からも、メールや電話で御悔やみをいただいた。
ヤマブシタケの相談員さんからもぴ〜ちの様子を尋ねる電話があり、
天使になったと話すととても残念がってくれた。

夜、ネットに繋ぐと、沢山のメールやカキコがあった。
返事は書けなかったけど
どのメッセージにも胸があつくなり、涙でなかなか読めなかった。
みんなの言葉をぴ〜ちに伝え、こんなに愛してもらって
愛に包まれて旅立つぴ〜ちを幸せに思うし、誇りに思う。

自分のベッドの隣にぴ〜ちのベッドを置いて手を伸ばして撫でながら横になった。
布団に入る時、シーツの下がガサガサ鳴った。
「そっか、昨日吐いた時に、新聞敷いたんやっけ。」
布団にもぐる。
シーツに赤い小さな血の染みが見えた。
「あぁ、シッポから血が出たときのか。。。」

あぁ、まだぴ〜ちが居る・・・

この日の朝、窓から入る朝日を浴びて
ぴ〜ちがとても穏やかな表情をしていた。
病院へ行く前、なぜか写真を撮ろうと思い、何枚か撮った。

まさか最期の写真になるなんて・・・

朝日を浴びて




BACK TOP NEXT

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー