過去の事件簿 猫

◎さとし/ぴ〜なっちの姪('92/6/18生)
◎ぎャれっと/ぴ〜なっちの甥。さとしときょうだい('92/6/18生・'92/11/28没)
◎ごまママ/ぴ〜なっちのママ
◎下にいく程若返ります

★"じじぃ"に両足つっこみ期★
日付 タイトル 事件内容
07/4/1 「16才!!」 16才、しっかり御隠居様な80才
06/4/1 「15才!!」 15才、人間齢で76才。来年80才か...
05/4/1 「14才!!」 14才、人間齢で76才。尿潜血やIBD疑いがあるものの、年令の割にはヤンチャに過ごしていると思う
04/10/26 なち、最大の危機! 朝から嘔吐が続き、あわや入院の危機。診察台で倒れこむ!
心臓凍りそうになった
( ̄□ ̄;)
04/4/1 「13才!!」 13才、人間齢で68才。不吉な数字と言われる13だが、実は管理人は13が好き
04/2/12 ぴ〜ち3ページを飾る! 2月12日発売の「猫の手帖」3月号にて、ぴ〜ちのメモリアル記事が掲載されました。堂々カラー3ページ占領!
04/1/13 悪夢再襲撃 肛門ちゃまに小さな突起があるなぁと思い、過去の肛門のう炎とは違う症状に不安を抱きつつ病院へ。h〜ん、3度目の肛門のう炎だった。今回も左側。毎日触ってチェックしてたけど、素人にはわかんなかったんだな。大事には至らず順調に回復したが、なちすまん〜(-_-;)
03/7/12 悪夢復活 肛門ちゃまが少し赤いかなぁと思いつつ、肛門のう炎予防や検診を兼ねて病院へ行った。その晩、何となく元気が無いなちが突然左足のビッコを引いた。気にして舐めてるし。ぴ〜ちの時の悪夢が蘇り、恐くて不安で涙が出た。絞ったおケツが痛かったせいか?肛門ちゃまの赤みも左側だったので、今後も要チェックだが、ビッコをひいたのはその時だけで少し安心
03/4/1 「12才!!」 12才、人間齢で64才。ぴ〜ちが天使になって2回目の誕生日。今でもぴ〜ちを一緒に祝ってしまうのであった...
02/9/7 なち捕獲される! 新居に越して5日目の朝。バッコン&バッコンという音で目覚めた。見ると、なちの左手がゴキブリホイホイに捕獲されてたのだった。仕掛けたばかりのホイホイの獲物は「なち」だった(^-^;A
02/9/3 初めての引越し 永年住み慣れた家を引越した。慣れない家で興奮して泣き、ずっと布団に潜ってる。早く自分のテリトリーにしてくれるといいな。ぴ〜ちも新しい家気にいってくれるかな?
02/7/14 なちの絶叫! 台所に居ると廊下でなちの「hぎゃぁぁぁぁぁぁ〜っ」という一度も聴いた事のない凄まじい大音量の雄叫びが聴こえた。一瞬、外猫にゃんと喧嘩したのかとも思たけど、、、、ダッシュで行ってみるとトイレで踏ん張ってるなちが居た( ̄々 ̄;)||| どうやらきばった時に肛門そばの肛門のう炎患部が痛かったようだ。おケツをチェックしたけど患部が裂けた様子はなく安心したけど、あまりにびっくりしてしばらく体の震えが止まらんかった。うんちょすの方はめでたく3つの固まりを産み落としてた。なちは何事もなかったように部屋に戻って行ったのだった
02/4/1 「11才!」 11才、人間齢で60才。なんと還暦を迎えました。相も変わらずお茶目ななち。とても還暦の爺さんには思えないっす

★"じじぃ"に片足つっこみ期★
日付 タイトル 事件内容
01/12/3 ぴ〜ち、ありがとう!!
いつも、いつまでも愛してる
出会って10年以上の歳月をともにした大好きなぴ〜ちが天国へ旅立った。溢れる涙と愛でぴ〜ちをおくった。感謝の気持ちでいっぱいだ
01/10 やだやだやだ〜!!!! 肉球切除から2週間。出た結果は悪性のガンだった・・・これからどうなるかわからんけど、なちと一緒にぴ〜ちを守っていきたい・・・
さよにゃら肉球 9/24から足を引きずり出したぴ〜ち。その後も経過は思わしくなく、10/12検査の為に右足の肉球を2つ切除する手術をした。いづれ「ミニクリニック」で病気の方の紹介をするとして、現時点では検査の結果待ちで次のアクションを起こせません。大事なぴ〜ちの体の一部がなくなったのは、とてもショックです。気分的にはタマタマ手術の時とは、かなり違いますね・・・今後嫌な報告を事件簿に載せる事がないように願ってます
01/6 ぴ〜ち、マジ怒る! 病院でレントゲンを撮る時、怒った事のないぴ〜ちが先生に歯をむき、耳を伏せ「シャーフ−」吠えていた!10年目にして初めて見た怒るぴ〜ちの姿。写真撮りたかったぢょ
01/5 サクラサク 2月に起こった「おしっこ事件」検査結果は陰性でした!、多くの人に励ましてもらい、不安な毎日を乗り越えられました。きっとその気持ちが通じたんだろうな。皆にゃさん、本当にありがとうにゃ!!!
「なちのケツ」 '98のぴ〜ちに続き、なちも肛門のう炎になる!「おけつパンパン」すると肛門ちゃまからう、う、膿が!即効病院へダッシュし、パラボラ猫に変身
01/4 「10才!!」 ついに10才の大台に乗りました。人間齢56才。ぴ〜なっちとの生活は飽きる事なく毎日がドラマ。命に関わる事件もあったし、この日を迎えられて感無量っす(i_i)
増々深まる愛なのであった
01/2
「おケツパンパン」
なち、逃げる!!
※両手でおケツを挟むようにパンパン叩かれるのが大好き
帰宅するとまず爪を研いで甘える準備をするなち。そして、「おケツぱんぱん」をする。でもなぜかぱんぱんを嫌がり、ぴ〜ちのぱんぱんの音さえ嫌がり寄ると、シッポを下げてこたつの対角線上に逃げる。かつおぶしの袋でおびき寄せても恐る恐る寄って来て又距離を置く。ワクチン接種後だけに心配になるが、1時間位たつといつものなちに戻り、あっちでパンパンこっちでパンパン音が響いたのだった。あれは一体なんだったのだろう。なちに避けられめちゃくちゃ哀しかったぞ
おしっこの雨 2階で飼われてる猫ミーちゃんのおしっこが床の隙間から垂れてきた。注意しに行ってミーちゃんが白血病に感染してる事を告白された。当然ぴ〜なっちへの感染も否定できない(i_i)検査では「陰性」だったものの5月の再検査までは安心できない状態である。
あぁ、猫神様〜(i_i)
ぴ〜ちの屁 ぴ〜ちがうんこする時に『ぶぴぴぴ〜』っと屁をこいた。ゲリピー時の『ぶぴっ』とは違い、綺麗な屁だった。共同生活9年10ヵ月目にして聴いた初屁に感激ぃ\(*^▽^*)/
00/8
なち、犬になる!!
先月のぴ〜ちに続いて、今度はなちが病院から帰宅後、呼吸困難?に陥る!べロは出てないものの浅く、速く犬みたいに「ハッハッハッ....」と呼吸。ぴ〜ちの教訓がなかったらパニックに陥っていたであろう。その後、猫友さん達に「犬呼吸アンケート」をとったところ『家の子も!』って反応が多くちょりっと安心(^-^)
00/7 ぴ〜ち、犬になる!! ぴ〜ち、病院から帰宅後、呼吸困難?に陥る!浅く、速く犬みたいにべロを出し「ハッハッハッ....」と呼吸する。電話で先生の指示を受け、しばし様子をみて、落ち着いた。が、ぴ〜ちぢゃなく、私の心臓が停まりそうだった。暑さと緊張・興奮の為では?ということだった。こんな恐い経験はこれっきりにしたいよぉ。ぴ〜ちが死ぬかと思った(T_T)
無事だったからこそ思える事。写真撮っときゃ良かったぁ!べろ出しぴ〜ちは強烈にかわゆかった!
00/4 9才 人間齢52才。
半世紀過ぎたぞぉ。今年の誕生日は薬&病院食付きでケーキも猫缶も無しやけど、来年は今日よりずっと元気で迎えられたらいいなぁ
00/2 検診 健康診断の結果、2人揃って肝臓に問題あり。原因の一つは肥満。おまけになちは歯肉炎でぴ〜ちは血液の成分もひっかっかった。しばらく、薬と食事と検査で経過をみることになった。がびょ〜ん

★おっさん期★
日付 タイトル 事件内容
99/4 8才 人間齢48才
99/冬 腕まくら この冬、なちが私の左腕まくらで眠るようになった。過去、一緒に寝ても腕まくらは初めて。でも右腕まくらは嫌らしい。なちのこだわりであった
98/11 ぴ〜ち肛門のう炎皮膚破裂寸前で発見 初めてカラ-を付け
パラボラアンテナ猫に変身。
無事完治
98/4 7才 人間齢44才
でぶ猫ぴ〜ち(4) 5.95Kg。幻の5キロ台制覇
98/2 でぶ猫ぴ〜ち(3) 6Kg。夢の6キロ台到達
97/10 でぶ猫ぴ〜ち(2 7Kg。最初の目標達成
97/8 液体歯磨き初体験 2人とも歯磨きは大嫌い
なち回復の兆し 長年の胃腸障害の症状が治まってきた
97/4 6才 人間齢40才。シニアの仲間入り
2人揃ってカゼ クシャミの鼻水の雨が降りまくる
96/5 でぶ猫ぴ〜ち(1) 8Kg。ダイエット開始
ぴ〜ちの再検査 結果は陰性で白血球もほぼ正常値まで回復。ほんとに良かった
96/4 5才 人間齢36才

★禁じられた果実青年期★
日付 タイトル 事件内容
95/11 悪夢の白血病 検診でぴ〜ちの白血球数異常がわかった。正常値の1/3にまで減っていた。ガ〜ン!! 結果は陰性だったものの半年後の再検査までは安心できないとの事。ぎゃれっとと同じ時期、同じ白血球の病気...願掛けし、ひたすらぴ〜ちの無事を祈る
95/4 4才 人間齢32才
94/4 3才 人間齢28才
93/9 ヤンチャも程々に 夜、追いかけっこして遊んでた2人。勢いあまって部屋のガラス戸にぶつかる。弾みで敷居からはずれた戸が玄関に倒れ2枚目のガラス戸が大破。通行人も近所の人もビックリ。幸い2人とも無傷だったがカンベンしてほしい出来事だった
93/4 2才 人間齢23才
さよならタマタマ(2) なち去勢手術

★青いまたたび少年期★
92/12 さとしとお別れ 里親の元へ。今も元気
92/11 さよならタマタマ(1) ぴ〜ち去勢手術
哀しい別れ 最初に悪くなったさとしと入れ代わるようにぎゃれっとの具合が悪くなった。パルボでアッという間に逝ってしまった。恐ろしい伝染病にもかかわらず他の3人は無事だった。ぎゃれっと1人で病気を引き受けてくれたような気がします
92/8 なち大丈夫? この頃、胃腸障害が出始め、なちの苦しみが始まった
92/6 叔父さんになる ぴ〜なっちに甥&姪ができる
92/5 べロ裂け猫ぴ〜ち 当時、外出OKで帰宅したぴ〜ちのべロの先が5mm程裂けていた。即病院へ。たいした事はなかったけど今も裂けた傷が残ってます
92/4 1才 人間齢17才
91/10 おケツから、あ、あんなモノがっ☆ おケツからおぞましい、白い小さなうにょうにょ虫が発生。初めて病院へ行く。2人仲良く駆虫〜
91/6 運命の出会い うちの子になる!!しあわせ???
91/4 誕生 ごまママ、ぴ〜なっちを産んでくれてありがとう!!

back home next

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー