肝臓病


肝臓のお仕事
●血液によって運ばれた栄養素を貯蔵したり、加工したり、再合成する
●体内の老廃物や有毒物質を処理して無毒化する
●脂肪やビタミンの消化、呼吸に必要な「胆汁」を合成する。胆汁は胆のうに蓄えられ必要に応じて腸に 排泄される
●体を外敵から守るのに必要な免疫成分を作る
●血が固まるのに必要な成分を作る
以上のような働きをする時には、肝細胞の中に含まれている色々な酵素が重要な役割を果たしています

肝臓が悪くなると・・・
肝細胞の膜が不安定になったり、破れたりして、酵素が血液中に流れでて、血液中の酵素の値が上昇します

酵素って?
GPTやGOTと言われる酵素はアミノ酸を作りかえる時に必要な酵素で、血液検査でもよく測定されます。特にGPTは肝臓だけに多く含まれるので重要です。肝臓の検査時にはこの2項目以外にも詳しい検査が必要。血液検査のページで紹介してる通り、肝臓の症状が表れる項目はとっても多いです。ちなみに・・・

GOTは
血清グルタミン酸オキザロ酢酸アミノ転移酵素

GPTは
血清グルタミン−ピルビン酸転移酵素

ぴ〜ちの場合
GOT・・・63(正常値8-33)
GPT・・・290(正常値11-50)('00/2月測定)

なちの場合
GOT・・・66
GPT・・・203('00/2月測定)

原因
恐らく脂肪肝であろうと診断されたぴ〜なっちですが、その原因のひとつは肥満と考えられます。恐らくというのは、実際には脂肪肝の正確な検査は細胞を採取するのだそうです。ぴ〜なっちはレントゲンと血液検査で大体、肝臓の様子がわかりました

症状
肝臓の中に過度の脂肪が沈着し、その為肝細胞の機能に障害が出て、胆汁の流れが阻害されたりします。元気と食欲が低下し、嘔吐したり、黄疸がでたりします。体重の減少もみられます

治療
肝臓は非常に強い再生力を持っているので(この言葉に励まされた!!)猫自身が自力で回復するのを助けるものになります。食事管理が重要で低脂肪で十分なエネルギーと高蛋白源を与えます。ぴ〜なっちは一日2回の薬を飲んでます

食事
Hill'sからl/dという肝臓専用の食事がでています。が、食事が合わないのか、l/dにした途端、ぴ〜ちは軟便になり、かなりの高カロリーの為、二人とも更に太り、中性脂肪値が落ちないため、先生と相談してダイエット用のr/dを食べてます。※l/dは最近発売されたのでまだ、500g袋しか売られてません。だからとっても割高!


その他の肝臓病
●急性肝障害

原因
貧血のより酸素不足・薬物中毒などで急激に肝細胞が壊死することがある

治療
肝脂肪同様、原因を取り除き、補助療法や食事で肝臓の再生を助ける
●胆管肝炎

原因

胆汁を流す胆管の周囲に炎症が起き、胆汁がうまく流れず周囲の肝細胞を壊死させてしまう。細菌感染や原因不明のリンパ球・プラズマ細胞性胆管炎がある

症状
黄疸に加え、元気・食欲の低下、嘔吐・軟便等の一般的な肝障害の症状がある。

治療
細菌感染なら抗生物質療法、リンパ球ならステロイド療法などが行なわれる。診断には試験開腹による検査が必要
●胆管閉塞

原因
炎症や腫瘍、異物があると肝臓の外にある大きな胆管が閉塞される

症状
その為、ひどい黄疸が見られ、病気が進み、胆管が閉塞すると便が白くなる

治療
レントゲンや超音波で診断し、胆管が詰まっている原因を突きとめる。多くの場合は外科手術が必要



SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー